PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ 夏のレシピ
粗食のすすめ 夏のレシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
夏は食欲が落ちるし、
食品の傷みも心配。
だから弁当のおかずも
他の季節以上に悩みます。
暑い季節のおたすけ本。
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< ドライトマトのバターライス | main | タコとじゃが芋のガーリック炒め >>
茗荷とししとうのオイスター炒め
茗荷とししとうのオイスター炒め

本日の弁当:
茗荷とししとうのオイスター炒め
厚揚げの生姜炒め煮 
ゴーヤの甘酢漬け
玉子焼き
大葉
白米+黒米ごはん

【茗荷とししとうのオイスター炒め】
1)茗荷はタテ半分にカット、ししとうは
ヘタを切り落としてタテに小さく切れ目を
入れておく。

2)ごま油で炒めて、焼き色が付いたら酒
を振りかけオイスターソースで調味、全体
を炒め合わせる。

茗荷には夏みょうがと秋みょうががある
らしい。秋は夏に比べて大ぶりで香りが
いいとのこと。知らんかった。サイズは
それほど大きくなかったけど、なるほど
香りは抜群によかった。

私の茗荷料理といえば甘酢漬けが定番で、
あとは天ぷら、あと素麺の薬味くらいに
しか使ったことないけど、炒めても美味
しいなあ。

お弁当ブログのランキングに参加中〜。今日も応援クリック☆ありがとうございます〜
にほんブログ村 
料理ブログ お弁当へ

| 本日の弁当 | 21:03 | comments(4) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
えっ、茗荷には秋と夏のものがあるんですか?
初めて聞きました。
茗荷といえば、夏のものだとすっかり思い込んでいて。
炒めるのは初めて聞いたけど、これなら生がダメな娘にも少しは食べてもらえるかな^^
ここで、色々と教えていただく事が多くて、発見がいっぱいあります。
| ポインセチア | 2011/09/06 11:23 PM |
ポインセチアさん、こんにちは!

私も今年初めてスーパーで「秋みょうが」を 見つけ、ぐぐっと惹きつけられました(^^;)。 炒めると生野菜っぽさがおさえられるので多少 はマシかなあ、といっても茗荷はオトナの味、 ですからねー(笑)。

いつも応援ありがとうございます~

| (よ) | 2011/09/07 7:31 PM |
今、近所の農家さんの無人販売でも茗荷がたくさん出てるの!!!
でも、薬味しか思いつかなくて、しかもあたししか食べないしで、困ってたとこ!!!
昨日も今日も冷奴に丸一個刻んで乗せて食べたさ。

だって、1パックに5個とか入ってるじゃん???
あと、3個、どうしよう???って思っててさぁ。。

茗荷、おいしいよね〜♪
子どもの頃にはありえなかった味だけど、今じゃ、そのままでも、アロマ的にも?全然アリなすごい植物!!
と、思う(#^.^#)

炒めてもいいんだね。
明日、残りの3個でやってみよう、

そうしよう!!
| きちゃん | 2011/09/08 11:24 PM |
きちゃんー、まいど。ありがとね~

アロマ的とは私も同感。茗荷の甘酢漬けを
作る時も茹で上げただけでいー香りがして
たまらんね。炒めるのはアリだと思いました。
残り3個で是非ぜひ~(笑)。

| (よ) | 2011/09/09 7:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/581
トラックバック