PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< 黒部縦走2019夏(7) | main | さつまいもの素揚げ >>
ピリ辛な枝豆

 

本日の弁当:

鶏もも生姜のさっぱり煮 

ピリ辛な枝豆

人参の甘煮

玉子焼き

大葉

梅干

白米+もち麦ごはん

 

【ピリ辛な枝豆】

1)枝豆のさやの端を切って塩もみ、

熱湯でやや固めに茹でる。

 

2)さやごとフライパンでカラ煎り

して水分を飛ばし、火を止める。

 

3)にんにく摩り下ろしちょびっと

と豆板醤・醤油(=2:1)を混ぜて

枝豆と和える。

 

ビールのアテですな。

 

手をよごさないように食べるには、

箸で詰まんでさやの半分くらいを

口に含み、しがんで豆を取り出す。

その時ピリ辛なタレと豆が口の中

でうまく出会って最高のツマミに

なるのだ。

 

ちなみに「しがむ」という動詞は

関西の言葉のようです、東京だと

ニュアンスがイマイチ伝わらない。

あえて訳すと「歯を立て繰り返し

噛む」という意味か。「しがむ」

以外の表現が思いつかない兵庫県

出身の私。


お弁当ブログのランキングに参加中〜。今日も応援クリック☆ありがとうございます〜
にほんブログ村 <br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
    料理ブログ お弁当へ

| 本日の弁当 | 22:12 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1643
トラックバック