PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< 二十日大根のレモンマリネ | main | サバ缶ハンバーグ >>
ジンギスカン風の野菜炒め

 

本日の弁当:

ジンギスカン風の野菜炒め

人参の甘煮 

切干大根の酢漬け 

ほうれん草おひたし

地海苔入り玉子焼き 

大葉

五穀米ごはん

 

生のラム肉を買ったらジンギ

スカン風のタレが小袋で付い

ていたのでキャベツともやし

やその他きのこなどと一緒に

炒めた、簡単。

 

--

天気の悪い週末がここ数週間

続いて山に行けない。そんな

週末欲求不満解消に読んだ本

が秀作でした。秋雨推薦図書。

 

ドキュメント道迷い遭難

 

図書館で借りました。過去に

実際に起きた登山中の道迷い

による遭難事故7件について、

遭難者の心理や行動を詳細に

再現したもの。ちょっとした

思い込みや判断ミスは私自身

にも十分起こり得る。遭難者

の焦りと恐怖が疑似体験でき

ます。山へ行くのがちょっと

怖くなるくらい。でも読後は

もっと読みたいと思う不思議。

 

まるでサバイバル小説みたい

というと不謹慎かな。たぶん

生還したひとの体験談だから

でしょうか、まだ救いがある。


お弁当ブログのランキングに参加中〜。今日も応援クリック☆ありがとうございます〜
にほんブログ村 <br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br /><br />
    料理ブログ お弁当へ

| 本日の弁当 | 21:27 | comments(6) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
ジンギスカン。
社員旅行で行った札幌ビール園を思い出します。
北海道の人達、力を落とさずに負けないで。



道迷い遭難、早速地元の図書館で当たってみました。
私も読んでみたいです。
目下、貸し出し中で残念、返却後を狙おうと思います。

私は道に迷った事は無いですが間違えた事はあります。
数年前、もう初めてではなく何度も来ている奥多摩の尾根で
単なるうっかりなんですけど違う道に入ってしまい、気が付くまで30分位歩いてしまいました。
あれ、この尾根こんなだったっけと思いながらい歩いていて一寸危なっかしい尾根を通過して道を間違えていることに気付き、再びひやひやしながらその尾根を登り返して間違え点まで戻ったんです。
もう単なるうっかりで自分に怒りたくなりました。
寧ろ初めての道の方がいい意味の緊張感があってルート感覚がしっかりしているのかもしれません。







| 猫好きのエムちゃん | 2018/09/22 8:17 PM |
お久しぶり。
秋雨推薦図書、さっそくKindleで購入しちゃったよ。
読みながらドキドキしてます。

やっぱり、山は怖いなぁ。
私にはソロ登山は絶対出来そうもないです。
| Hitomi | 2018/09/25 12:36 PM |
猫好きのエムちゃんさん、こんにちはー。
まいどコメントありがとうございます!

そうそう、「道迷い」と「道間違い」は
似てるようで別物、でもその差は紙一重
なんですよねえ。私も道間違いはしょっ
ちゅうヤラかしています(^^;)。幸い
間違いに気付いた時点で元の道へ戻って
大事には至らず今日まで山歩きを続けて
こられましたが、天候が悪かったりする
と判断を誤るかもしれません。想像する
と冷や汗ものですね。

機会があれば是非読んでみてください。
説教臭くなく押しつけがましいところ
もなくて、単純に読み物としてたのし
めると思いますよ。

| (よ) | 2018/09/25 9:11 PM |
Hitomi、ひさしぶり!

ねー、これドキドキするよねえ。もっと
読みたくなってシリーズの「気象遭難」
も図書館で借りちゃいました。ほんと
教訓になるエピソードばかり。

単独登山はたしかにリスクが高いけど、
自分のペースで歩ける自由があるので
なかなか悩ましいですな。私のように
歩くペースも気も合う山友がいるのは
いまさらながら幸せなことだなと感謝
しています。

ときどき気にかけてブログ見てくれて
いるのが申し訳ない!でも嬉しいなあ。
いつもありがとうねー!

| (よ) | 2018/09/25 9:19 PM |
たまに読みにブログへ伺うと、すごくタイムリーな内容が載ってたりして
面白いです。

先日も会社の山好きの男性とランチをした際に
私が鎖場がどうしても怖い、高いと感じるところが怖い等の
話をした際に、白馬岳への道の話が出て、その方も
「そこはねー、怖かったよ」なんて会話をしていた矢先の夏登山報告。
これか!!!って思ってなんてタイムリーとびっくりしていたところですよ。

次の飲み会の時には、もっと詳しく聞かせてくださいな!楽しみにしております。
| Hitomi | 2018/09/25 11:39 PM |
Hitomiさん、まいどまいど。

ブログたのしんでもらえてると聞くと
うれしいねえ。次会えるのは忘年会?
新年会か?(笑)。Hitomiと山の話が
できるなんて、若いころ(ねー、毎週
末飲んだくれてた頃)には想像もしな
かったよ、おもしろい。

ありがとねー!

| (よ) | 2018/09/26 8:42 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1552
トラックバック