PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< 屋久島2018(2) | main | 屋久島2018(4) >>
屋久島2018(3)

IMG_9450.jpg

 

屋久島の旅、三日目はモッチョム岳。

屋久島の登山ガイドさんたちの間で

「モッチョム登れたら他の屋久島の

山は全然平気」と言われるほど急峻

で厄介な山、モッチョムにいざ挑戦。

 

2018年4月29日(日)

 

5:30、起床。昨夜の宿の夕食で出た自家製パンの残りを朝食にして、

 

IMG_9263.jpg

6:00、レンタカーに乗り出発。夜が明けてきたー。

 

登山口は前回の屋久島旅行でも立ち寄った「千尋(せんぴろ)の滝」展望台駐車場。

 

IMG_9278.jpg

登山口にある千尋嶽神社で手を合わせ、山旅安全祈願。

 

IMG_9280.jpg

6:50、登山スタート。

 

事前の調べで、モッチョムはとにかく登山口から山頂までずーっと急登と散々見聞きしてましたので、気合と覚悟で歩き始めました。

 

IMG_9281.jpg

 

たしかにいきなりの急登でしたが、登山道は木の根がまるで階段のように張り出し、四つん這いになって手足を使えば案外登りやすい。

 

IMG_9476.jpg

小学校6年生もモッチョム登ってるんだあ。

 

喫茶どうぶちのマスター曰く昨日の太忠岳は「幼稚園の卒園記念に登る山」だそうですが、このモッチョム岳は地元の小学生の卒業記念に登る山なのかもしれませんね。勝手な想像ですが、大人に近づくための通過儀礼なのかな、なんてね。

 

ともあれ、

 

IMG_9283.jpg

苔の森

 

IMG_9298.jpg

ロープをぐいぐい登ったり

 

IMG_9291.jpg

 

IMG_9307.jpg

 

IMG_9323.jpg

サクラツツジ

 

1時間ほど登って、

 

IMG_9326.jpg

8:00、万代杉(ばんだいすぎ)到着。

 

屋久島には樹齢3,000年を越える杉は発見されているだけで6本あるそうです。縄文杉、紀元杉、弥生杉、大王杉、大和杉、そしてこの万代杉。

 

IMG_9334.jpg

見上げると圧倒される。かっこいいー。

 

IMG_9343.jpg

屋久猿の親子ー。

 

IMG_9351.jpg

モッチョム太郎

 

IMG_9356.jpg

さてここで、早め早めのOS-1ゼリー(^^;)。

 

IMG_9371.jpg

 

IMG_9362.jpg

開けた場所に出てきた。うーみー!

 

IMG_9377.jpg

モッチョムの山頂も見えたっ!

 

IMG_9379.jpg

花崗岩むきだしの山肌が怖いくらいかっこいい。

 

IMG_9388.jpg

 

IMG_9397.jpg

さー、最後の岩山をよじ登ります。

 

IMG_9402.jpg

9:55、モッチョム岳山頂到着。

 

IMG_9398.jpg

うはー、絶景ぇー!

 

IMG_9407.jpg

この景色見るために汗かいて三時間登ってきました。

 

山頂に座ってのんびり海を眺めながら初日に買ったパン食って昼飯。

 

IMG_9417.jpg

山頂から海側へ少し下りると祠がありました。手を合わせ山旅安全祈願。

 

10:40、さて下山。

 

IMG_9421.jpg

 

IMG_9442.jpg

 

IMG_9434.jpg

 

IMG_9446.jpg

 

IMG_9459.jpg

 

IMG_9466.jpg

 

IMG_9467.jpg

 

IMG_9473.jpg

ギョリンソウ

 

13:25、無事下山。

 

IMG_9482.jpg

下山後、千尋の滝を観にいく。

 

さーレンタカーに乗って島を反時計回り北へ移動します。

 

IMG_9483.jpg

楠川温泉で汗を流す。ここは冷泉をボイラーで加熱した温泉ですが貸し切り状態で超リラックス。

 

本日の宿は、民宿ながた岳さん。

 

IMG_9494.jpg

宿から眺める永田岳。

 

実は「ながた岳」さんには前回の屋久島旅行でも宿泊しました。特に不満があったわけではないけど今回は別の宿をいろいろと探していて、でも結局「ながた岳ってご飯おいしかったよねえ」という理由で宿泊決定。

 

IMG_9489.jpg

 

あと、民宿ながた岳さんってなんとなく「夏休み気分」なんよなあ。全然伝わらないと思いますが、畳でゴロ寝とか揺れる洗濯した海パンとか網戸越しに差す西陽とか。

 

 

このあたり、永田いなか浜は夕陽がきれいということでも有名。晩メシ前、缶ビール片手に浜散歩。

 

 

IMG_9522.jpg

 

IMG_9534.jpg

浜沿いのお墓。毎日夕陽が当たるのですね。

 

IMG_9540.jpg

ちょうど口永良部島(くちのえらぶじま)に陽が落ちる。

 

IMG_9617.jpg

 

さてでは宿に戻って、夕食。

 

IMG_9632.jpg

筍のホイル焼き。刺身は、白身のたるみ、ちびき、右はかんぱち。宿の息子さんが今朝トカラ列島で釣ってきたそうな。

 

IMG_9635.jpg

左はトビウオの卵。

 

IMG_9649.jpg

鯖のフライ。

 

いやー、相変わらずご飯うまいわ!大好き。

 

宿の女将さんから「ウミガメの産卵が見られるかもしれないけど、どうする?」と聞いて驚いた。ウミガメの産卵観察会は前回体験済みですが、今回事前の調べで観察会は5月1日からとなっていたので諦めていました。詳しく聞くと女将の知り合いが好意でウミガメ産卵の案内をしてくれるらしい。もちろん、お願いします!21時、観察会事務所のトイレ前に集合ということで。

 

25分遅れくらいで案内人登場。

 

浜に出てしばらく歩きましたが、ウミガメは産卵に現れず。案内人さん曰く「明日の朝5時に来たらひょっとしたらウミガメ見られるかも」というので、明日朝再チャレンジをお願いして宿へ帰る。

 

IMG_9650.jpg

月夜で星はあまり見られませんでしたが、海風心地いい。

 

今日は疲れた。明日はのんびり。

ゆっくり就寝。

 

つづく

 

| 山ある記 | 15:02 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
今晩にゃあ

久しぶりに好日を見に来たらよっちゃんが屋久島に来てらしてビックリ。
この前屋久島に行かれた時もコメントした記憶あります。
ムッチャン、何だか岩登りちっくですね。

ところで奇遇ですね。実は私も今、屋久島じゃないけど鹿児島に来てまして。今回の一番の目的はまだ行った事の喜界島で俊寛の像を見る事だったんですけどGW半ばの悪天候の為諦めました。
たったの2500トンの夜行船で大揺れになったら怖かったので。
おかげで県内をあっちこっち回りました。
明日は開聞岳の麓を走ってから帰京の予定です。

よっちゃんもいい屋久島の旅を♪
| 猫好きのエムちゃん | 2018/05/04 8:50 PM |
猫好きのエムちゃんさん、こんにちはー。
コメントとてもうれしいです!

エムちゃんさんは鹿児島でしたかー。いいなあ。
私は鹿児島に縁あって過去3回訪れています。
黒豚しゃぶしゃぶとかキビナゴの刺身とか、
美味しい食事の記憶しかない(^^;)。

私の屋久島旅も終盤天気が崩れて飛行機が飛ぶか
危ぶまれるほどでした。エムチャンさんもお気を
つけて。

ありがとうございますー。




| (よ) | 2018/05/05 9:56 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1501
トラックバック