PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< エビとトウモロコシのかき揚げ | main | 夏の大台ケ原(2) >>
夏の大台ケ原(1)

IMG_9116.jpg

 

七月の三連休は紀伊半島へ。

お伊勢さんで風の神さま

ご挨拶したあとは奈良県の

大台ケ原へ。苔の森ある記。

 

金曜日の夜。仕事を終え一旦帰宅、シャワーを浴び荷物を整え、いざ出発。

 

今回は珍しく大人数の旅行(といっても私を含め計4名)。友人とその妹さんとその娘ちゃん(小3)。初めての子連れ旅となりました。四人で立川駅前から高速バスに乗り(22:45)、三重県の伊勢市を目指します。

 

2017年7月15日(土)

 

翌朝6:55、バスは伊勢市駅前に到着。大きな荷物は駅のコインロッカーへ預けます。

 

IMG_8966.jpg

 

梅雨明け前ですが、快晴の青空。

 

IMG_8976.jpg

伊勢市駅から伊勢神宮の外宮(げくう)に向かってまっすぐな参道を進みます。

 

IMG_8977.jpg

 

外宮参拝の前に腹ごしらえ。三年前にも訪れた「せきや」さんへ。

 

IMG_8981.jpg

朝7:30から営業。

 

IMG_8982.jpg

 

IMG_8989.jpg

朝かゆ。名作ですな。※1,200円。ちょっと値上げしてた(^^;)。

 

IMG_8993.jpg

粥(かゆ)はおかわり自由。一味と山椒のブレンド粉末を振りかけると風味が変わり、これまたうまい!

 

さてでは、参りましょう。

 

IMG_8997.jpg

 

外宮前の交差点で信号待ちしていると「外宮のご案内〜(無料)」の文字に惹かれ、

 

IMG_8999.jpg

伊勢市の観光協会さんでした。

 

ただいま午前9:05。予約無しですがダメ元で中に入り(エアコン涼しい)、無料の観光ガイドをお願いすると「10分ほどでガイドさんが来られるので大丈夫ですよ」とのこと。

 

IMG_9014-2231.jpg

ガイドの伊東さん。

 

お伊勢参りには過去三回(うち一回は社員旅行で泥酔状態^^;)来たけど、ガイドさんをお願いするのは初めて。いやーおもしろかった。知らないこと沢山教えていただいた。

 

IMG_9005.jpg

例えば、「手水は桶より低い位置で手を洗う」とか。

 

外宮(げくう)は左通行、内宮(ないくう)は右通行、の作法は知ってたけど理由は知らんかった「なるほど」な解説とか。

 

IMG_9017.jpg

正宮(しょうぐう)

 

神様には「おねがい」するのではなく、日ごろの「感謝」を伝えてください、とか。

 

IMG_9034.jpg

風宮(かぜのみや)。いつもよい風をありがとう。

 

IMG_9053.jpg

ガイドの伊東さんによると「仏さんは明るいのがお好き、神さんは暗いのがお好きなんよ」ということで神社は鎮守の杜に覆われ、わざと薄暗くしているとか。へー。

 

IMG_9055.jpg

 

無料ガイドは外宮のみ。ここで伊東さんと別れ、外宮を出て路線バスに乗り、内宮へ。

 

IMG_9087.jpg

一番上の梁(笠木)の断面が五角形なところが伊勢神宮の鳥居の特徴だそうです。他にもいろいろ一般的な鳥居との違いをガイドの伊東さんから沢山教えてもらった。

 

IMG_9093.jpg

内宮の正宮。また訪れることができました、健康をありがとう。

 

この辺で小3娘っちが退屈し(疲れ?)始めた「もう無理ぃ〜」。そりゃそうだよねえ、神社ばっかりいくつもお参りして面白くないわな。仕方ないので彼女のリュックを私が持つことに。すると途端に元気よくなった(^^;)。

 

IMG_9100.jpg

風日祈宮(かざひのみのみや)。いつもいい風、ありがとう。

 

お守り買って、内宮をあとに。お伊勢参りのおたのしみ「おはらい町&おかげ横丁」をぶらぶら。

 

IMG_9117.jpg

 

IMG_9111.jpg

昼ご飯は「伊勢うどん」と「手こね寿司」。

 

IMG_9120.jpg

粗塩なめつつ白鷹できゅっと一杯やりたいところですが、このあとレンタカー借りて3時間ほど運転するので、我慢ガマン。

 

IMG_9121.jpg

伊勢ピルスナーの生、うまいんだよなあ。でも我慢ガマン(^^;)。

 

IMG_9078.jpg

 

IMG_9084.jpg

 

IMG_9085-3499.jpg

 

IMG_9122.jpg

お香の店で土産を買い、

 

路線バスに乗って「伊勢市駅」へ戻る。途中の宇治山田駅前で降りて妹さんと娘っちはコンビニで休憩、私と友人は歩いてレンタカー屋さんへ行く。トヨタのパッソを借りて伊勢市駅に寄り、コインロッカーから預けていた大きな荷物を出して、再び宇治山田駅へ妹さんたちを迎えに行く。

 

無事合流して、明日からの山歩きのための食材をスーパーで買いこみ、奈良は吉野の山奥深くへ向け約3時間のドライブです。

 

IMG_9131.jpg

日が暮れてきたー。予定より約2時間ほど遅れての出発だったためアセる。

 

IMG_9137.jpg

 

この辺りは二年前に歩いた熊野古道「伊勢路」とほぼ平行に高速道路が通っており、懐かしい風景や地名に嬉しくなる。

 

IMG_9149.jpg

 

高速道路を下りてからは九十九折の山道を慎重に走り、約2時間半のドライブののち本日の宿「民宿タッサン」さんに到着。

 

タッサンさんのお風呂はシャワーしかないので、近くの公営温泉「上北山温泉」を利用するのですが、温泉の受付が20時まで。現在19:30。というわけでタッサンさんで温泉の割引チケットを受け取り、チェックインする前にとりあえず温泉へ。

 

IMG_9155.jpg

梅雨の蒸し暑さで汗べたべた。温泉でさっぱり清潔マン。露天風呂では川からのいい風が気持ちよく、カエルの鳴き声が聞こえる。こんな山奥に、ある意味秘湯かも。

 

民宿タッサンさんに戻って、夕食。

 

IMG_9167.jpg

もう運転しなくていいので、おつかれ乾杯ビール!

 

そして、

 

IMG_9159.jpg

鹿の焼肉です。陶板焼き。

 

鹿肉は、思っていたよりもクサみなく変にスジ張った所もなくて美味しかった。肉を薄くスライスしてあるのがポイントなのかもね。

 

部屋ではうつ伏せに寝る私の背中に小3娘っちが乗ってきてマッサージしてくれる。そういえば自分が子どものころも親の背中に乗り、こうやって遊んでたなあと思い出したのでした。夏休みですな。

 

明日はいよいよ大台ケ原、苔の森を散策です。

 

つづく

 

| 山ある記 | 21:20 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1397
トラックバック