PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< 黒斑山〜池の平湿原(1) | main | 八角風味の煮豚 >>
黒斑山〜池の平湿原(2)

IMG_4377.jpg

シジュウカラ

 

初夏から秋にかけて花の高原と

して有名な「池の平湿原」。冬

の間は深い雪に覆われた広大な

白い平原になります。雪さんぽ。

 

<二日目>

2017年2月26日(日)

 

朝風呂に入って寝起きもさっぱり。

 

IMG_4375.jpg

ホシガラス

 

朝7:30からの宿イベント「野鳥観察会」に途中参加。高峰温泉さんは恵まれた自然をうまく生かした様々な催しを用意していて、宿泊客を飽きさせませんな。

 

そして、

 

IMG_4384.jpg

宿の朝食。

 

IMG_4390.jpg

味噌汁が美味しくて、使ってる味噌をたずねると宿の手作りとのこと。たしか前回(秋11月)もお土産に味噌を買いたいとお願いしたところ、ちょうど仕込みシーズンで販売用が無いと言われました。今回は在庫有り、1kg購入。

 

高峰温泉さんではスノーシューの道具一式を無料で借りられます。

 

9:30、チェックアウトして、池の平湿原に向けてスノーハイキングに出発。

 

IMG_4397.jpg

宿の前から歩き出す。

 

IMG_4415.jpg

冬の間は車両通行止めとなる「湯の丸高峰林道」を歩く。

 

IMG_4434.jpg

 

IMG_4438.jpg

ガードレールも雪で埋まっちゃってる。

 

IMG_4450.jpg

遠くに富士山が見えた。

 

IMG_4457.jpg

きのうも今日も天気がいい。

 

IMG_4462.jpg

 

IMG_4472.jpg

 

約1時間ほどで「池の平湿原」の駐車場に到着。ここからは「雲上の丘」を目指して山登り。

 

IMG_4488.jpg

 

IMG_4506.jpg

 

IMG_4492.jpg

こういう広くて明るい雪原歩きはたのしいな。

 

IMG_4503.jpg

眼下に池の平湿原。木道もうっすら見える。

 

30分ほどで「雲上の丘」に到着か、と思いきや、

 

IMG_4507.jpg

「雷の丘」でした(^^;)。最初「雷」の文字が雪に埋もれて見えなかったのだ。

 

でも困った、ここから先はトレース(ひとの踏み跡)が無い。

 

IMG_4511.jpg

雷の丘から北側の眺め。

 

きょろきょろしてたら、トレースはないけど少し先に登山道を示す赤いリボンを発見。とりあえず前へ進む。

 

IMG_4513.jpg

 

IMG_4519.jpg

何の足跡でしょう?

 

そして、

 

IMG_4524.jpg

ようやく、雲上の丘に到着(11:30)。

 

IMG_4531.jpg

まずは、雪原に缶ビールをイン!

 

IMG_4543.jpg

快晴無風。気温はかなり低いと思うが、あまり寒さは感じない。

 

IMG_4540.jpg

いやー、それにしても気持ちのいい空だ。

 

IMG_4534.jpg

宿でもらったまんじゅうで小腹を満たし、

 

IMG_4538.jpg

絶景ビール!

 

さて帰ろうか。来た道を戻る。

 

IMG_4550.jpg

 

IMG_4558.jpg

 

13:15、高峰温泉到着。

 

出かける前に、スノーシューから帰ってきたらお昼にしようと信州蕎麦を予約しておきました。まずは温泉に入ってそのあと食べようかと思ってましたが、先に蕎麦を食べてくれと言われる。どうやら昼の食事は12時だったみたい。どっかに書いてあったのかなあ?気づかなかった。

 

IMG_4568.jpg

ともあれ、おいしい石臼挽きのお蕎麦を堪能。

 

高峰温泉さんは、チェックアウトしたあとも温泉に入れるのが嬉しい。そして、

 

IMG_4595.jpg

風呂上りビール。地元信州のオラホビールは麦芽100%うっすら柑橘系の香りのする飲みやすい地ビール。

 

帰りの高速バスは16:17発。それまでの空き時間は野鳥観察でのんびり過ごす。

 

 

黒いベレー帽が特徴の、コガラ。一番多く観られました。

 

IMG_4650.jpg

ヤマガラ

 

IMG_4665.jpg

シジュウカラ

 

IMG_4683.jpg

カワラヒワ

 

IMG_4635.jpg

ホシガラス

 

さてでは、そろそろ帰る時間。

 

IMG_4564.jpg

16:00、帰りも高峰温泉の雪上車に乗ってアサマ2000へ。そこから新宿行きのJR高速バスに乗って帰ります。

 

いろいろうっかりの多い旅でしたが、なかなか予約の取れない高峰温泉に泊まり、しかも快晴無風の好条件で山歩きができて、わたしゃ幸せです。

 

本日の山行もケガなく、無事終了。

 

<おしまい>

 

| 山ある記 | 23:53 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
山ある記、やっぱりたのしいですね!
うっかりがドラマチックにしてくれたのもあるけれど、笑
お天氣に恵まれて何よりでした〜
| 門門 | 2017/03/01 4:58 PM |
わー門門さん、こんにちは。
コメントありがとうございます!

山ある記をたのしんでいただけていると聞く
と書いてよかった、とてもうれしいです。

今回のスリリングな旅のうっかりは生涯記憶
に残ることでしょう。ある意味よい思い出と
なりました(^^;)。

それよりも、門門さんのマレーシア・シンガ
ポール旅、うらやましいです!旅日記たのし
みにしておりますー。

| (よ) | 2017/03/01 10:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1328
トラックバック