PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ 夏のレシピ
粗食のすすめ 夏のレシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
夏は食欲が落ちるし、
食品の傷みも心配。
だから弁当のおかずも
他の季節以上に悩みます。
暑い季節のおたすけ本。
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< 松の実ほうれん草炒め | main | 鶏と根菜の炒り煮 >>
石老山

IMG_4026.jpg

 

関東で春一番が吹いた翌々日、日曜。

友人の妹さん家族に誘われ、神奈川

県の相模湖を臨む石老山(せきろう

さん:標高702M、標高差約500M)

を歩いてきました。

 

朝8:12、自宅最寄駅を出発。友人の実家に寄って車を借りて中央道を西へ。相模湖東インターで高速を降りて相模湖畔沿いを走り、遊園地「プレジャーフォレスト」に駐車。

 

友人の妹さんたちとはここで合流。友人の母上は先日海外スキーでケガをされたそうで、松葉杖を突いていらっしゃる。実は、遊園地内には温泉施設もあり今回は母上様の療養も兼ねているそうです。しかし相変わらずお元気だ。今回お誘いいただいたご家族は、昨年夏に霧ヶ峰ハイキングに誘っていただいたあのご一家です。

 

母上様は温泉施設「うるり」へ。我々は駐車場で身支度して、いざ石老山へ出発。

 

コースは、プレジャーフォレスト〜石老山登山道入口交差点〜相模湖病院〜顕鏡寺〜融合平見晴台〜石老山〜大明神展望台〜相模湖休養村〜プレジャーフォレスト内うるり。

 

IMG_4020.jpg

20分ほど車道を歩いて登山道入口交差点に到着。トイレを済ませ、10:35スタート。

 

民家や畑の間を抜けて、

 

梅の花がいー香りする。

 

小さな川沿いを南へ進むと相模湖病院に到着。ここから道標に従って山道に入ります。

 

IMG_4034.jpg

 

石老山は奇岩・怪石が有名、それぞれの岩の前には丁寧な解説の標示もあります。

 

山道を20分ほど歩いて、顕鏡寺(けんきょうじ)に到着。

 

IMG_4049.jpg

手を合わせ、山旅安全祈願。

 

IMG_4045.jpg

 

11:07、顕鏡寺を出発してすぐに分岐。「山頂」を目指すコースと、展望ポイントを経由する「さくら道ハイキングコース」に分かれる。我々はハイキングコースを選択。

 

山道はとても歩きやすく、雪も雪解けの泥もなく快適。

 

IMG_4060.jpg

 

春には小学3年生と中学1年生になる子どもさんも今回は同行していたので、地図のコースタイムにプラス1時間ほど余裕をもった計画を立てていたのですが、彼らは全然元気にさっさと頂上目指します。おとなの我々が後から付いてくかんじ(^^;)。

 

子どもたちが、途中どんぐりを拾ったり、展望ポイントから眼下に小さく見える家々に驚いたり、きらきら光る緑に感動している様子に、こちらも童心に還ってほっこり癒されますな。

 

IMG_4066.jpg

 

11:40、顕鏡寺から30分ほど登って融合平見晴台に到着。眼下には相模湖がひろがる。

 

IMG_4079.jpg

 

山頂まであと30分くらいかなあ、子どもたちを励ましつつ、山には「お、そろそろ山頂かも」という期待を裏切る「ニセ山頂」がいっぱいあるよ(笑)、とか教えつつ、

 

IMG_4084.jpg

 

IMG_4096.jpg

12:15、石老山山頂に到着。

 

山頂は寒いんじゃないか(子どもたち結構薄着)と心配してましたが、今日は天気が好くて風も弱く穏やか。山は天候次第でその印象がまったく変わりますからねえ。みんなたのしそうで本当よかった。

 

IMG_4093.jpg

山頂からきれいに富士山を見ることもできました。

 

IMG_4112.jpg

山頂ビール。

 

IMG_4104.jpg

インスタントのクラムチャウダーとコンビニのおにぎりで昼メシを済ませ、

 

12:50、さて下山。

 

IMG_4117.jpg

途中、山道の左手にちらちらと富士山を眺めつつ、

 

1時間ほど下って、大明神展望台に到着。

 

IMG_4124.jpg

展望台からは、山の稜線の向こうに東京の高層ビル群も見えます。カメラの倍率をほぼ限界まで高くして撮影。右端のひときわ高くて細い建物はスカイツリーかな?ときどき明滅してました。冬の澄んだ空気のおかげで肉眼でも確認することができましたよ。

 

14:40、本日のゴール「プレジャーフォレスト」に到着。山頂での昼メシ時間を除くと、ほぼコースタイム通り。友人は甥っこ姪っこの成長ぶりに感動してました。

 

温泉「うるり」さんで汗を流し、しっかりと筋肉のケア。高濃度の炭酸泉が気持ちよかったー。

 

そして、

 

IMG_4128.jpg

風呂あがり、お疲れビール!

 

IMG_4139.jpg

そして山に日が暮れる。いい日曜日だった。

 

本日の山行も、ケガなく無事終了〜。

 

 

| 山ある記 | 21:15 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
いきなりのコメント、しかも夜分にごめんなさい。夜中に目が覚め、小腹がすいたので「弁当」でネットサーフィンしていたら(笑)、よっちゃんさんのブログにたどり着きました。お弁当、めちゃくちゃ美味しそうですね!凄いお料理上手〜♪見習わなきゃ(笑)
私の地元の石老山が載っていたので、思わずコメントさせて頂きました。
と言っても、石老山は相模原市内からは少し距離はありますが。
山頂ビールや下山後のお疲れビール、最高ですよね〜
ブログ拝見していたら・・・本気でお腹空いてきました(笑)
早く寝なきゃ。
また訪問させて頂きますね♪
ありがとうございました。
ではではおやすみなさい
| tomo | 2017/05/11 3:22 AM |
tomoさん、こんにちは。
コメントありがとうございます!
小腹が空いて当ブログに、とは
なんとも嬉しいかぎり。

山ビールに反応していただける方は
稀有な存在です(^^;)。

これからもどうぞよろしく〜。

| (よ) | 2017/05/11 9:50 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1324
トラックバック