PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< せりの大根餅 | main | 黒豆のかき揚げ >>
拝啓 山の神さま 2017

IMG_3294-3258+.jpg

 

拝啓 山の神さま

おひさしぶりです。

 

今年はやります(ほんまか?)

復活「月イチ山行」。

 

だから山の神さま、安全第一。

どうぞよろしく。

 

今年の山始めは、山梨県の九鬼山(標高:970M、標高差:549M)。富士山を眺める山を歩いて新年めでたくスタートさせたい、というのが本日の趣旨。

 

コースは、富士急行の禾生駅〜弥生峠〜富士見平〜九鬼山〜紺場休場〜札金峠〜馬立山分岐〜田野倉駅がゴール。

 

8:44、禾生駅をスタート。どうでもいい話ですが、私は最初「禾生(かせい)駅」を「壬生(みぶ)駅」と読み違えて、電車の経路を検索しても全然トンチンカンでした。似てません?(^^;)。

 

禾生駅から国道139号線に出ていきなり道に迷いました。私の山の道迷いの経験で一番多いのが、実は山の最寄り駅から登山口までのルート(^^;)。山の中は道標や赤いリボンが木に括り付けてあったりして案外道に迷うことは少ないのですが、駅から登山口までって特に目印もなく意外と迷うのです。

 

今回も本来なら15分程度で登山口に着くところ、35分もかかってしまいました。原因は私の準備不足。毎月山に行ってた頃はちゃんと調べてたんですけどねえ。自戒を込めて復活の教訓その1「駅から登山口までのルートは山地図ではわからん」。

 

9:20。登山口は分岐して二手に分かれます、愛宕神社ルートと杉山新道ルート。

 

IMG_3416.jpg

まずは愛宕神社へ参拝。一年の計、山旅安全祈願。

 

参拝を終えると、さっきの分岐点に戻ります。愛宕神社ルートでそのまま九鬼山を目指してもいいのですが、山地図に「急坂」と書いてあったので素直に回避(^^;)。ラクそうな杉山新道を登ります。

 

IMG_3223.jpg

 

先週からの大寒波でもっと雪が積もってフワフワしてるかなあと思ってたのですが、意外とそうでもなく、むしろ少し解けた雪が凍って「ザクザク」という感じ。

 

IMG_3243.jpg

 

登山口から20分ほど、疲れてきた(^^;)。ダブルストックを使う、やはり四本足はラクやなあ。

 

しばらくはジグザグ上り坂。

 

IMG_3253.jpg

50分で弥生峠に到着。ここからは明るい稜線を歩く尾根道。気持ちいいー。

 

IMG_3259.jpg

 

IMG_3266.jpg

鈴懸峠との分岐点。ここから高畑山や倉岳山を通って梁川駅のほうへ下りる縦走も可能。昼間の時間が長い夏の時季に是非歩いてみたい。

 

IMG_3273.jpg

10:40、九鬼山山頂到着。

 

せまい山頂で二組が昼食をとっていたので、私は昼をとらず写真を撮ってさっさと下山ルートへ。少し下って気がついた「あれ?今回の山行の目的は富士山じゃなかったけ?」。そうそう、九鬼山山頂手前に「富士見平」っていうビューポイントがあるんだった。でも登ってる最中は気がつかなかったなあ?

 

とりあえず山頂に戻って、さらに登ってきた山道を戻る。と、すぐにあったあった「富士見平」。

 

IMG_3297.jpg

雲の笠をかぶった富士の山。

 

登山道を登りながら振り返る方角に富士山はあった。自戒を込めて復活の教訓その2「富士山見たけりゃその方角くらい事前に確認しとけよ」。

 

しっかり両手を合わせ富士山を拝んだあとは、九鬼山山頂へ戻り下山路へ。

 

IMG_3303.jpg

こっちのルートのほうが結構雪深い。

 

どんどん下るが、どこかでそろそろ昼メシ食べたいなあ。

 

11:30、広く拓けた平地(たぶん紺場休場)に到着。ここでメシにしよう。

 

IMG_3331.jpg

まずは雪原にビールを冷やし、

 

IMG_3345.jpg

コンビニで買った鍋焼きうどんをガスストーブにかける。

 

IMG_3368.jpg

出汁が沸騰してきた。

 

IMG_3373.jpg

いただきまーす。鶏肉やほうれん草、焼き餅も入った豪華なうどん。

 

あったまるわー。

 

IMG_3389.jpg

食後のコーヒー。折りたたみ式のテーブルはスグレモノ、フィールドホッパー

 

IMG_3407.jpg

気温低いけど、天気が好くて風もなく、遠くの山を眺めながらのんびりと約1時間。

 

さて、下山。

 

IMG_3409.jpg

こんな細尾根歩きも、またたのし。

 

以前も書いたことがあるけど、淡々と山歩きしてると不思議とアタマの中がすっきり整理されて、シゴトのことやら普段の生活やら、意外とシンプルな結論にたどりつく、ことが多い。

 

 

今年のテーマは「ていねいに」かなあ。思い返せば転職後のこの四年間は環境の変化になんとか自分をすり合わせようとした四年間だったと思う。ま、必死だったから「思い返せば」だけどね。無意識に仕方なく、ひとや自分自身やその他もろもろを「雑に、ぞんざいに」扱ってたなあ、というのが昨年末の反省。今年は呪文のように「ていねいに、ていねいに」。

 

しばらく歩くと、本日のゴール田野倉駅方面と馬立山行きの分岐点に。ここで山地図を確認すると、馬立山まで10分と書いてある。時間に余裕があったので、予定には無かった馬立山を目指す。

 

が途中で登山道が消える。でも見上げるとすぐ近くに明るい尾根があったので、道なき山斜面をぐいぐい登る。すると登山道らしき場所に出る。安心して歩き始めるが、どうも変だ。倒木も多いし、あまり整備されてない感じ。こりゃ迷ったな。

 

残念ながら途中であきらめ、元来た道を戻る。自戒を込めて復活の教訓その3「迷ったかな、と思ったらさっさと元へ戻る」。今回これはちゃんと出来た。

 

IMG_3415.jpg

無事、林道に下りてこられた。よかったー。

 

でもここからが長かったあ。雪の積もった林道を延々と下り、富士急行線の線路に当たると、こんどは線路沿い民家の間を大月方面に向けてまた延々歩く。30分くらいは歩いた。

 

13:18、田野倉駅から富士急行に乗って都留市駅へ移動。タクシーに乗って、「月待ちの湯」温泉へ。

 

山梨のこのエリアは富士山が望めるいい山がたくさんあるのですが、唯一残念なのが「駅から歩いて行ける温泉が無い」こと。以前は大月駅前に「よしの湯」という銭湯があり、私が山歩きの趣味を始めた2008年に一度利用したことがありますが、現在は廃業されているとのこと。しかたがないので、今回はタクシー使っちゃいました。驚愕の片道2,500円也。ひとりバブルか!ブルジョワか!(^^;)。

 

ともあれ、温泉は超気持ちよくて、緊張した筋肉をほぐして冷えた身体を温める。

 

そして、

 

IMG_3437.jpg

おつかれ、風呂上りビール。

 

さらに、

 

IMG_3445.jpg

山梨といえば、ほうとう。

 

特徴的な平たい麺もですが、ごろっと大きなかぼちゃの入った味噌あじのスープがたまらん美味しい。

 

さて、本年最初の山行もケガなく無事終了。

 

今年はどんな山が歩けるのでしょうか。

たのしみじゃ。

 

| 山ある記 | 23:28 | comments(8) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
こんばんはー(おはよう?)。

グツグツのうどんがおいしそうだー!(笑

それはそうと、もう4年なの!?
びっくりだー(笑
時の経つのは早いよね…(汗
| M | 2017/01/23 4:14 AM |
Mさん、こんにちはー。朝早いですねえー。
コメントいただき恐縮です!

そうなんです、昨年11月で4年になります。
本人もびっくり(笑)。時間の経つのが
本当に早い。そりゃ、登りはじめの20分で
息も上がるわけだよ。トシをとったという
ことですな(^^;)。

まいどご訪問ありがとうございます〜!

| (よ) | 2017/01/23 9:51 PM |
今年も山行スタートですね。
美味しいものとお風呂つきのぶれない
山歩きスタイルいいですね!
私は最近山歩きから遠ざかっているのですが、よっちゃんの山歩きの様子を読むと、自分もまた山に行こうという気持ちになります。
今年もよい山と弁当の日々をお過ごし下さい。
| タカオ | 2017/01/23 10:00 PM |
にゃほ

ほんと冬の晴天の日、低山に雪の白は映えますね。
ああいいなぁって思います。

雪に埋まったビールも美味しそうです。
でも美味しいけど身体冷えませんか。
あ、そうか、その後鍋焼きですもんね♪

下山後のほうとうも美味しそう、
私も食べたいです。

そして月一山行の復活おめでとうございます。
安全・快適山行をお祈りしていますよ。
| 猫好きのエムちゃん | 2017/01/24 9:42 PM |
おータカオさん、おひさしぶりです。
コメントとてもうれしいです!

山から少し遠ざかると無性にまた山へ
行きたくなりますね。こんなブログが
ちょっとでもそのきっかけになったなら
書いててよかったなあと思います。
ありがとうございます!

安全たのしい山旅を〜!


| (よ) | 2017/01/24 9:58 PM |
猫好きのエムちゃんさん、こんにちはー。
山ある記にコメント、とてもうれしいです!

日帰り山行中のアルコールはNG、というのが
マイルールですが低山有雪時は規制緩和(^^;)。
ビール好きなら「雪原に缶ビール、イン!」は
憧れ、絶対やりたくなるはず(笑)。

ありがとうございます!エムちゃんさんも
安全快適、たのしい山旅を〜!!


| (よ) | 2017/01/24 10:05 PM |
こんにちは。今年もよろしうおねがいたします〜。

いいなあ…納めは大岳山から富士山みて、御岳の神様で納めたのですが、私はまだ行ってません! 私も山神さまに会いに行かねば。
俳句の季語に「山初め」っていう言葉があるんですよ。初めて山にはいるときに神様に挨拶したりするので、登山というよりは山でお仕事する人の言葉かもしれませんが、でも、よっちゃんさんの「山初め」ですね。

「月イチ山行」楽しみにしています。お気をつけて!

そうそう〜登山口までって迷いますよね!私も迷います。笑
| チウチウ | 2017/01/26 2:49 PM |
チウチウさん、こんにちは。
こちらこそ、今年もよろしゅうお願いします。

へー、季語で「山初め」とは、なんとも雅な。
一年の無事を祈って、気持ちも改まりますな。

チウチウさんの「ヒトツキイチザン」もたの
しみにしています。あーやっぱり登山口まで
で迷ったりしますか、同士よ(笑)。

まいどコメントありがとうございます。
今年も、安全たのしい山旅を!!


| (よ) | 2017/01/26 10:13 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1313
トラックバック