PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< 切込刈込湖〜日光白根山(1) | main | 豆のカレー粉炒め >>
切込刈込湖〜日光白根山(2)

IMG_2052.jpg

 

今年の夏は日光白根山に登るぞ!

二月に書きましたが、八月

山行は雨のため断念。十一月に

なってやっと、念願叶いました。

 

<二日目>

2016年11月6日(日)

 

夜明けごろから風が強くなってきたぞ。今年の山歩きはほんと悪天候続きだったから、イヤな予感。

 

IMG_1936.jpg

 

朝風呂に入って宿で朝ごはんをすませ、8:20いざ出発〜!

 

本日のコースは、ホテル山月〜日光湯元スキー場〜天狗平〜前白根山〜避難小屋〜五色沼〜弥陀ヶ池〜奥白根山〜丸沼高原ロープウェイ・山頂駅がゴール。

 

天気はいいんだけど、やっぱり風が強い。

 

宿を出て日光湯元スキー場に入り、ゲレンデに沿って続く斜度のゆるい林道を上る。過去にも、斑尾高原や磐梯山の猪苗代スキー場などゲレンデを登山道として登ったことがありますが、あまりいい思い出がありません(^^;)。斜度がキツく、さらに山頂に向けてまっすぐ直登なんですよね。それに比べ日光湯元スキー場は斜度が緩やか。日光はファミリー向けのスキー場なんでしょうかねえ。

 

IMG_1941.jpg

ゲレンデ脇を歩いて約40分。いよいよ登山道に入ります。

 

まずは「前白根山」を目指して北側斜面を登ります。陽が差さず暗く寒くて、足元には雪も残っています。

 

IMG_1942.jpg

1時間半ほど登って尾根に出る。

 

IMG_1944.jpg

一転して明るい稜線歩き。

 

IMG_1948.jpg

 

でも標高が上がり、だんだんと雪深くなってきました。

 

IMG_1950.jpg

ぱっと拓けた天狗平に到着。

 

IMG_1967.jpg

あいかわらず天気はいいけど風が強い。木の枝からサラサラと雪が落ちてくる。

 

IMG_1982.jpg

 

ここで手袋3枚重ねで着用。寒さで手がカジかんで指先の感覚がなくなるあの恐怖を思い出す。

 

IMG_1997.jpg

 

天狗平から歩いて約30分、前白根山(2,373M)頂上に到着。

 

IMG_2004.jpg

前白根山山頂から。目の前に奥白根山がどーんとそびえる。

 

山頂はものすごい強風。太陽も出てて天気はいいのに指先は早くもカジかんできた。とりあえず強風に耐えながら五色沼のほうへ下る。眼下には太陽の光を反射する五色沼、目の前には雄々しい奥白根山。とてもきれいな絵になる風景だったのですが、斜度の急な下り坂に強風で体勢を保つのに一苦労。写真撮ってる余裕がなくて残念。

 

左手の指先がジンジンと痛みも感じるようになってきた。前白根と奥白根山のちょうど間に避難小屋(無人)があるので、とりあえずそこで一旦休憩しよう。手袋を脱いで両手を自分の脇の下に入れ、温めること約20分。

 

なんとか、指先の感覚が戻ってきました。はーあぶなかった。まさに「避難」小屋、ありがたや。一時は気持ちのテンションも下がって、さっさと下山しようかという気分だったけど、予定通り五色沼を通って奥白根山の山頂を目指す。

 

IMG_2015.jpg

避難小屋からすぐ近くの五色沼。深いエメラルド色の湖面。

 

五色沼の縁を時計回りに沿って通り抜け、雪の登山道を登りきったその先に、

 

IMG_2026.jpg

弥陀ヶ池。こちらは水面が凍っておりました。

 

弥陀ヶ池から約5分で、奥白根山への分岐に到着。ここからぐんぐん登っていく。雪道なので下りのひとは足元に軽アイゼン(靴底に装着するスパイク状の道具)を着けていましたが、我々は上りなのでアイゼンを着けなくても滑ることなく快調に登る。

 

IMG_2037.jpg

山腹から見た、さっきの弥陀ヶ池。

 

朝から吹いていた風もだんだんと治まってきました。いいかんじです。

 

IMG_2041.jpg

 

そして、

 

IMG_2060.jpg

13:30。無事、奥白根山(標高2,578M)頂上に到着。関東以北では最高峰の山。

 

昨日は中禅寺湖の遊覧船から日光白根山の頂上がちょこっと見えましたので、当然、白根山頂上から中禅寺湖と男体山が見えます。

 

IMG_2063.jpg

頂上からは、五色沼も見えたー。

 

さて、下山。バスの最終時刻(15:55)に間に合うよう、さくさく下りないとね。

 

IMG_2064.jpg

山頂直下にある奥白根神社。ここも日光二荒山神社の境内の中に含まれるそうです(wikipedia)、その広さにびっくり。雪ですべってころんでケガしないよう、手を合わせ山旅安全祈願。

 

おもに山の南斜面を下りるので、雪が解けているところもありましたが、やはり日陰になると道が凍っているところもあり、何度も滑りました。さいわい尻もちは突かなかったけどね(^^;)。

 

IMG_2069.jpg

 

そして、

 

IMG_2073.jpg

 

無事、丸沼高原ロープウェイの山頂駅に到着(15:10)。

 

IMG_2085.jpg

ロープウェイから見た黄金のカラマツ林。

 

丸沼高原からは湯元までの無料シャトルバスが運行されており、本日11/6が今シーズンの最終日。

 

IMG_2095.jpg

 

16:30、日光湯元着。ここから東武バスに乗って帰りますが、バスの出発時刻(17:15)までの空き時間を利用して日帰り温泉へ。湯元のバスターミナルのちょうど目の前にある「万蔵旅館 」さんの入り口に「日帰り温泉18時まで」と書いてあった。こんなに近ければバスに乗り遅れることはないだろう。

 

観光地日光湯元の日曜この時刻は人もまばら。当然、温泉は貸切状態です(^^;)。天然温泉の湯舟につかり、冷えた身体を温めて筋肉をしっかりほぐす。シャワーもドライヤーもないけど、バス停まで湯冷めしないこの距離は魅力です。※ドライヤーはフロントで借りられるみたいです。

 

さあ帰ろう。

 

東武日光駅で駅弁「日光杉並木」を購入。鶏五目ごはん、日光ゆばに栃木名産のかんぴょうや葉とうがらしの佃煮などなど、日光グルメ満載です(@1,000円)。

 

IMG_2099.jpg

キリン一番搾り「栃木づくり」で、おつかれ乾杯ビール。

 

本日の山行もケガなく、無事終了〜。

 

<おしまい>

 

| 山ある記 | 23:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1294
トラックバック