PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ 夏のレシピ
粗食のすすめ 夏のレシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
夏は食欲が落ちるし、
食品の傷みも心配。
だから弁当のおかずも
他の季節以上に悩みます。
暑い季節のおたすけ本。
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< ブロッコリーと舞茸の豆板醤炒め | main | 切込刈込湖〜日光白根山(2) >>
切込刈込湖〜日光白根山(1)

IMG_1764.jpg

 

週末は栃木県の奥日光を歩いて

きました。

 

今年の山歩きは雨に泣くことが

多く、奥日光の白根山もこの夏

一度、雨のために断念しました。

 

週末天気予報をニラミつつ決行!

 

<一日目>

2016年11月5日(土)

 

7:21発の快速に乗って北千住駅から東武日光駅へ。いつもより遅めの出発だった理由は中禅寺湖の遊覧船に乗りたかったため。遊覧船の始発が10:30と遅めだったので、朝のんびり家を出たのでした。

 

ところが、東武日光線が激混み(^^;)。北千住から日光までずっと立ちっぱなしでした。こんなの初めてです。山の紅葉シーズンは過ぎているとはいえ、東照宮あたりはまだまだ見頃とのことで、だからこんなに混んじゃったのかなあ。同行の友人からは「もっと早く家を出ればよかったんじゃないの」とクレーム。うーんそうかもね、でもわかんないよぉ。

 

東武日光駅からバスに乗り(ちゃんと座れた!)中禅寺温泉BSへ。渋滞することで有名な「いろは坂」もそれなりに混んでおり、バスは10分程度遅れて中禅寺温泉BSに到着。遊覧船の「船の駅」まで猛ダッシュ!なんとか10:30の遊覧船に乗れました、ふぅー。

 

気を取り直して。やはり紅葉は見頃を過ぎていましたが、雲ひとつない青空と穏やかな湖を渡る風はとても気持ちよく、一周約55分の快適なクルーズでした。

 

IMG_1685.jpg

 

IMG_1797.jpg

男体山と八丁出島

 

IMG_1812.jpg

夏におじゃましたイタリア大使館別荘。紅葉の秋もいいねえ。

 

IMG_1824.jpg

立木観音。一週間早く来れば見頃だったろうになあ。

 

IMG_1790.jpg

明日登る予定の日光白根山の頂上もすこし見えた。雪かぶってるよ。

 

クルーズを終えて腹が減ったので、船の駅すぐの蕎麦屋「お休み処 清ちゃん」さんへ。

 

IMG_1834.jpg

お疲れビール。

 

舞茸生ゆば蕎麦と岩魚の塩焼き定食を注文。幸い私たちはすぐ席に座れたが、あとは満席そして店の外には行列。人気あるなあと言ったら店のひと曰く「蕎麦と焼き魚の両方を出す店はウチだけだから」とのこと。事前に調べもせず入ったお店でしたが、当たり!ラッキーでした。

 

腹いっぱいになって、さてでは湯元行きのバス停へ。ところが、あれれ?バス停が無い??おかしいなあ。バス通りを道沿いに郵便局まで歩いたけど、やっぱり無い。たしか「郵便局前」というバス停もあったはず。

 

わからないので近くの雑貨店に入って道を尋ねると、山側に一本奥へ入った道路沿いにバス停はあるという。あわてて向かうと、あったあった。

 

バス停には「10月1日から11月23日までの期間のみ、渋滞回避のためバス停を移設した」とのこと。そんなの知らないよー。加えてバス路線のダイヤも乱れまくっているようで、結局40分ほど待ってようやくバスに乗る。ふぅーやれやれ。

 

ともあれ再度気を取り直して。東武バスに乗って、光徳温泉・日光アストリアホテル前で下車。

 

ここから本日の歩け歩け山歩きが始まります。コースは、日光アストリアホテル前BS〜光徳牧場〜山王峠〜涸沼〜切込湖〜刈込湖〜小峠〜日光湯元。

 

13:00スタート。秋の陽はつるべ落とし。薄暗くなる前に湯元に着かなければ。

 

IMG_1845.jpg

歩き始めは奥日光らしい、ミズナラの森。気持ちいい。

 

IMG_1849.jpg

紅葉はほぼ終わっていましたが、カラマツの黄色い葉はまだ見頃。

 

光徳牧場の脇を通ってレストハウスから5分程度のところに登山道の入り口。

 

IMG_1853.jpg

地味な傾斜ですが、ぐいぐい上る。今週東京はぐっと冷え込んできたので、奥日光はもっと寒いだろうと予想してたのですが、天気がよくてぽかぽかしてて、暑いくらい。

 

IMG_1861.jpg

汗をかきながら1時間ほどで山王峠に到着。

 

IMG_1862.jpg

 

平坦な尾根がしばらく続き、ここからは下り道。

 

IMG_1873.jpg

ぱあーっと拓けた窪地が見えてきました、ここが「涸沼」。水の張ってない凹地、という意味らしい。ここでぐっと冷え込んできました。京都とか盆地の底が冷えるのに似ているかもね。説明書きの看板にも「通常の山の紅葉とは逆で、涸沼では低地からまず色づき、だんだん山の上のほうへ紅葉が移動していく」とありました。

 

涸沼をあとにして、山の北側斜面を歩いていきます。奥日光では今週頭に初雪が降ったそうで、日陰の山道には雪が残っておりました。

 

IMG_1883.jpg

 

涸沼から30分程度で「切込湖」に到着。

 

IMG_1885.jpg

まったく波風なく、湖面がまるで鏡のようです。めちゃきれい。天気もよくて、条件がばっちり揃ったかんじです。

 

切込湖のとなりの刈込湖を過ぎ、すこし上り坂。小峠を過ぎると、あとはゴール地点の日光湯元まで下るだけ。

 

16:00、本日の宿「ホテル山月」さんに到着。コースタイムより1時間早く、暗くなる前に到着できて、ほっと一安心。源泉かけ流しの濁り湯温泉で芯からぽかぽか、温まるわあ。

 

ホテル山月さんのホームページを見てて不思議だったのが、お料理の写真がまったく無いこと。イメージカットすら無い。料理に自信がないのかなあ、とか勝手に想像したり。週末天気予報をニラミつつ5日前にあわてて取った宿なので、不安でした。

 

ですが、なーんの問題もなし。

 

IMG_1913.jpg

湯葉刺身

 

IMG_1914.jpg

 

IMG_1915.jpg

 

IMG_1916_a+20_c+10.jpg

湯葉の煮物

 

IMG_1919.jpg

天ぷら

 

IMG_1925.jpg

 

IMG_1920.jpg

豆乳鍋

 

IMG_1928.jpg

ポークシチュー

 

うまかったあ。お料理の写真、ホームページに載せたらいいのに。余計なお世話ですが勿体ないですよねえ、うまかっただけに。

 

つづく

 

| 山ある記 | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1293
トラックバック