PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
<< ブロッコリーと舞茸の豆板醤炒め | main | 芽キャベツとサーモンのオーブン焼き >>
蕨山(わらびやま)

蕨山

二月の月イチ山行は、埼玉県の
蕨山(わらびやま)。

以前はよく通っていた奥武蔵の
山域。伊豆ヶ岳関八州見晴台
など、のんびり穏やかな山歩き
がたのしめる、というのが私の
奥武蔵の印象です。

引っ越しして我が家から電車で
1時間程度と、交通アクセスも
よくなったのになぜかここ数年
行ってなかったなあー。という
わけで久々のほほん奥武蔵山歩。
 

蕨山

今週東京は雪が降る降ると言われつつ積もるほどではありませんでしたが、山はさぞかしきれいな雪景色ではないかと期待してやってきました。

飯能駅8時発のバスに乗って、9時には登山口の名郷(なごう)バス停に到着。身支度して9:15出発。林道を15分ほど歩くと行き止まりになり、右に折れて細い登山道に入っていく。

蕨山
小川にかかる小さな橋を渡り、ここから急登が続く。

蕨山
40分程度登ると明るい尾根に出る。

ここからは平坦な尾根と短い登りの繰り返し。ふわっふわの雪道です。

蕨山

蕨山

蕨山
何の足跡でしょう、鹿?

蕨山
こんな岩場も。

だんだんとアップダウンが激しくなってきました。アップはまだしも、ダウンは滑って転倒の怖さがあるので、ここで軽アイゼン(靴底に着けるスパイク状の山道具)を装着。

蕨山
やっぱたのしいな、雪山歩き。

蕨山
ちょうど2時間で山頂到着。

冬の山では山頂で風がびゅうびゅう吹いて、登りで大汗かいた背中が一転ぞくぞく震えるほど寒けがするものですが、本日は予報どおりの快晴無風、超気持ちいいー。

蕨山
まずはビールを冷やして。

蕨山
本日の昼飯はコンビニで買った「すき焼き鍋うどん」。この「コンロにかけるだけ」の鍋シリーズは本当に便利。山歩きするひとのために商品開発されたのではないか、と思うくらい(^^;)。手軽で美味しくて暖まるのです。

蕨山
いただきます〜。

そうそう、今回たのしみにしていた新道具がこちら↓

蕨山
SOTOのスライドガストーチ。

山で調理をする際、気圧のせいか風のせいかライターの火が点かない、という経験が何度もあります。実は先月の塔ノ岳でも、何度も何度もライターをカチカチ鳴らしてやっと火が点きました。鍋や食材を準備したのに、いざ火が点かないとアセる場面は避けたいものです。というわけで、強力なライターを探してこれ見つけました。

ライターというよりは商品名の通り、ガストーチ。ノズルが伸びて着火もしやすい。使い捨てではなく家庭用カセットコンロの缶でガス充填もできるそうです。

もちろん今回は一発点火!

これいいなあ、と満悦してるところに友人が一言「マッチでいいんじゃないの?」と。うーん、まあマッチでもいいんだけど、最近マッチも売ってないし、、、いいんだよ、こういうオモチャを持つのがたのしいんだよ!、と私ひらき直り(^^;)。

ともあれ

蕨山
快晴無風、ビールがうまい!

さて、下山(11:50)。

山頂直下は急な下り坂でしたが、その後はなだらかな明るい尾根道。

蕨山

藤棚山、大ヨケノ頭などいくつかのピークを経由しながら縦走路を下る。上りの北斜面に比べ、南東方面に下る登山道は雪があったりなかったり。こういう場合、軽アイゼンを外すタイミングに悩みますな。下りなので滑る恐怖はあるものの、雪のない所では逆に木の根っこなんかにアイゼンの爪をひっかけて転倒のリスクもあるし。悩みつつ、中登坂あたりでアイゼンを外す。

蕨山
奥武蔵の山々。

蕨山
金比羅神社跡。手を合わせ、山旅安全祈願。

ここから完全に雪がなくなりました。歩きやすくなりスピードが上ります。

蕨山
深い緑のトンネル

蕨山

やっぱり山歩きはたのしいなあ。魅力を挙げればいろいろ。カラダを動かす気持ちよさとか、自然に寄り添う心地よさとか、子どもっぽいけど冒険心や、一歩づつクリアしていく達成感とか。あと、旅気分とか。うーん、それでもうまく説明できないワクワク感があります。脳から何らかの物質があふれ出ているんでしょうね(^^;)。38歳と遅くに始めた趣味ですが、44歳になったいまも私には合っていたなあと、今更ながらしみじみと思います。

そして、

下山後は、ふもとの温泉「さわらびの湯」へ(14:00)。

蕨山
風呂上りビール。
私の山のたのしみ半分は、下山後の温泉とビール(笑)。

本日の山行もケガなく、無事終了〜。

 

| 山ある記 | 20:58 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
コメント
無事に戻られて何よりです^^
昔、小学生の頃、スキーを習っていた頃に、背中にタオルを一枚入れていき、午前の練習が終わったころにタオルを取ると、スーッと汗が引いていき、気持ちが良かった事を思い出しました。
あの時のスキー小屋、ストーブにガンガン木が燃えていて、暖かかったのを思い出すと、楽しかったなーと今でも思います。
山行がいい楽しみでよかったですね^^
私の今の楽しみは、夜に撮りためたバラエティーを見る事です。
さんまさん大好き^^
色んな楽しみがありますね。
| ポインセチア | 2015/02/09 4:13 PM |
ポインセチアさん、こんにちはー。
まいどコメントありがとうございます!

背中タオルのワザ、知ってます!山をやる
ひともそれ結構やってますよ。私は大変な
汗っかきなので、過去に何度か試したこと
があります。歌舞伎の早変わりのように、
ぱっと下着が着替えられるアイテムが開発
されないかなあ、と切に願います(^^;)。

| (よ) | 2015/02/09 10:56 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://gooddaylunch.jugem.jp/trackback/1137
トラックバック