PROFILE
CATEGORIES
ブログが本になりました。
(2010.04.23.発売)

★電子版は、こちら→




CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
RECOMMEND
粗食のすすめ お弁当レシピ
粗食のすすめ お弁当レシピ (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫,検見崎 聡美
【コメント】
弁当生活を始める前に読んで
感動しました。私の”地味弁”
はこの本の影響です。今でも、
特に季節の変わり目は、読み
返すことの多い本。
RECOMMEND
100文字レシピ (新潮文庫)
100文字レシピ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
川津 幸子
【コメント】
私が初めて買ったレシピ本!
目からウロコでした。たった
100文字でこんなにわかりやく
書けるなんて、料理って簡単
じゃーん、てね。いまは文庫
版になって手軽なところも
二重丸!
RECOMMEND
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報)
野崎洋光が教える「分とく山」の切り身で魚料理 (別冊家庭画報) (JUGEMレビュー »)
野崎 洋光(のざき ひろみつ)
【コメント】
切り身を使って、レシピも簡潔、
なのに本格的な和の魚料理が味
わえる、教科書的存在。
RECOMMEND
粗食のすすめ (新潮文庫)
粗食のすすめ (新潮文庫) (JUGEMレビュー »)
幕内 秀夫
【コメント】
世間一般に知られている
「健康的な食事」は一度
すっぱり忘れた方がいいかも。
それくらい衝撃的、且つ胸に
ストンと落ちる納得の一冊。
RECOMMEND
おべんとうの時間
おべんとうの時間 (JUGEMレビュー »)
阿部 了(写真),阿部 直美(文)
【コメント】
全日空機内誌『翼の王国』の
人気エッセイが書籍化。私は
出張も帰省も必ず全日空を使う
ANAマイラー。機内でどんなに
眠くても、このエッセイだけは
読みます。そして気持ちが満腹
になって眠る。
RECOMMEND
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック)
まいにちお弁当日和 (イカロス・ムック) (JUGEMレビュー »)

【コメント】
お弁当だらけの雑誌。
好日弁当日記。も
すこし紹介されて
います。
RECOMMEND
弁当男子
弁当男子 (JUGEMレビュー »)

【コメント】
「好日弁当日記。」も紹介されています。一応顔出し^^;)。
RECOMMEND
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫)
シェルパ斉藤のワンバーナー簡単クッキング (エイ文庫) (JUGEMレビュー »)
斉藤 政喜
【コメント】
アウトドア料理の本は
世の中に沢山ありますが、
野外で調理する為の道具に
ついて詳しく説明された本は
そう多くない。入門編として、
文庫本という体裁も手軽で
嬉しい。但し大勢でBBQなど
の用途には向いてない。
1人〜2,3人用。
母と

 

実家兵庫に帰省中。母が

最近おいしいピザの作り

かたを村のひとに教えて

もらったらしい。

 

続きを読む >>
| 日暮らし | 14:33 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
父と

IMG_7647.jpg

じゃが芋を掘りに。

 

昨日仕事帰りそのまま池袋

から夜行バスに乗り、本日

金曜休暇をとって週末実家

帰省中。

 

続きを読む >>
| 日暮らし | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
続報)かるがも親子

 

通勤途中のいつもの公園プール。
ヒナが一羽だけになっていたの
で思わず「あら?」と声に出し
たら、プールを眺めていたおじ
いさんが「毎年カラスに食われ
ちまうんだよ」だって。知らん

かったー。身近な都会の公園で

そんな厳しい生存競争があった

とは、衝撃です。でもカラスよ、

ちょっとヒドくない?

 

| 日暮らし | 21:24 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
目黒川夕景。

 

散髪屋へ行く途中の目黒川。

毎年五月後半二週間だけ、瞬間
最大風速が吹き荒れる繁忙期を
乗りきって伸び放題の髪切りに。

二ヶ月前のこの時と比べて随分
陽も伸びたなあ、いい季節です。

 

| 日暮らし | 23:52 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
かるがも親子

 

通勤途中のいつもの公園プール

今年もカルガモの親子がやって

きました。親のうしろを離れず

ちょこまかとヒナたちがついて

いく様子がかわい過ぎて、もう

たまりまへん。初夏の和み風景。

 

| 日暮らし | 23:26 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
やよいちゃん

 

これは六本木の国立新美術館で買って

きたパスケースです。

 

通勤定期のSuicaは今まで100均で買っ

たビニールケースに入れてて、ずっと

「いいの欲しいなあ」と思ってました。

ブランド品とかじゃなくて、デザイン

や質感が自分の好みにあった長く使え

そうなもの。

 

でこの「やよいちゃん柄」のパスケース

に一目ぼれしたわけです。

 

いま新美術館で開催されている草間彌生

展「わが永遠の魂」を観てきました。

 

IMG_1016.jpg

 

IMG_1015.jpg

 

御年88歳で現役の前衛芸術家草間彌生さん。

思わず「やよいちゃん」と呼びたくなる程

ポップでかわいいおばあちゃんです

 

子どもの頃から心の病と闘いつつ、斬新な

作品を次々と発表して世界から高い評価を

得てきた、やよいちゃん。

 

最新作「わが永遠の魂」シリーズは、その

圧倒的な造形と色彩の量感にパワーと元気

をもらえますが、一方テーマが「死後」や

「生」だったりして、しんみりと考えさせ

られもしました。すごいぞ、やよいちゃん。

 

観に行ってよかったなあと思えるいい展示

でした。

 

| 日暮らし | 22:45 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
目黒川、雨。

 

年度末の繁忙期も無事終了。伸び
放題の髪を切りに行ったら、目黒
川は桜祭りの提灯が川面に映えて
思わずきれい。

でも、今日は冷たい雨。花見客は

見当たらない。

明日土曜は関東平野部でも雪降る
かもだって。凍えながらも今年は
いつもより長くサクラがたのしめ
そう、とふわふわ期待しています。

 

| 日暮らし | 22:36 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
そろそろ来週あたり

 

通勤途中のいつもの公園。
ちょうど目の高さにソメ
イヨシノの枝先が見える。

それが私の、標準木。

 

| 日暮らし | 22:55 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
冬の雨の通勤コート

 

今年一月セールで買ったステン
カラーコートは通勤風景でよく
見かける何んてことない紺色の
おっさんコートですが、今日の
ような雨の日には嬉しい、これ
ゴアテックスなんです。

 

中綿はダウンよりも軽くて暖か

着ぶくれしない、シンサレート。

冬の雨の日は特に寒くて出かけ

るのもおっくうですが、今年は

ちょっとだけ気分がいい。

 

明日は都心でも雪降るかもって。

花も虫も引っ込みまっせ、寒っ!

 

| 日暮らし | 21:01 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
NOT IN THIS LIFETIME

 

昨日、2017年1月28日。さいたまスーパー

アリーナで、ガンズ・アンド・ローゼズの

ライブを観てきました。

 

私には「死ぬまでに一度は観たいバンド

がいくつかありますが、その中でも最も

困難・不可能と思っていた夢が奇跡的に

叶えられました。

 

アクセル、スラッシュ、ダフ。この三人が

揃って同じステージに立ち、ここ日本で

ライブを演るのは、実に二十数年ぶり。

 

当時私はまだ実家兵庫の田舎に住んでいて、

ガンズの来日公演は東京ドームだけでした。

大阪や神戸ならともかく、東京は遥か遠い

都会で、観にいきたくても行けないという

残念で悔しい思い出があります。そうそう、

当時始まったばかりの有料放送WOWOW

に加入契約したのはこの東京ドーム公演の

放送がきっかけでした。

 

田舎でバンドを組んでギターを弾いていた

私が一番なりたいギタリストは、ガンズの

スラッシュでした。そのためにバイトして

ギブソンの高っかいレスポールを買ったし、

ピックアップもわざわざダンカンのアルニ

コ兇鵬造したり(カッコから入る^^;)。

 

世の中に「再結成」されるバンドはいくつ

もありますが、ガンズだけは絶対に無いと

思っておりました。それは彼らの絶頂期と

その後のメンバー同士の確執や契約を巡る

イザコザ・訴訟問題等々を知っているひと

なら、皆さん納得されるはず。

 

今回のライブツアータイトル「Not In This

Lifetime」はアクセル本人がかつてのインタ

ビューで「再結成は今後あるか?」と訊かれ、

それに答えたセリフ。意味は「生きてる間に

はあり得ない」(^^;)ですが、今回はその

あり得ないことが実際に起こったのですねえ。

 

スーパースターと自分を重ね合わせるのも

おこがましいですが、50代を過ぎた彼らの、

それでも当時と変わらないパフォーマンス、

その努力と楽曲の素晴らしさにあらためて

感動、いろいろ青春の思いも重なり、貴重

な感慨深い夜でした。音楽は偉大だ。

 

| 日暮らし | 07:45 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
| 1/4PAGES | >>